フランチャイズ

日本フランチャイズ研究機構による『最新FCトレンド|2017年4月度』掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
日本フランチャイズ研究機構『最新FCトレンド』

高木が所属する(株)日本フランチャイズ研究機構にて『最新FCトレンド』が掲載されました。

『2016年度のフランチャイズ業界を振り返って』

(株)日本フランチャイズ研究機構 代表取締役 伊藤恭

東京は桜が満開となり、各地の花見の名所は大いに盛り上がっている。あまり実感はないのであるが、新年度である2017年度(平成29年度)がスタートした。
そこで、幕を閉じたばかりの2016年度(平成28年度)のフランチャイズ業界を振り返ってみたい。とはいえ、一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(JFA)が2016年度(平成28年度)の数値データを公表するのは今年の10月末になるので、昨年度のFCの動向についてはあくまで個人的な肌感覚に基づくものだ。

続きはコチラ→「2016年度のフランチャイズ業界を振り返って」

『コンビニエンスストア(CVS)のここ1か月の動き』

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 西野公晴

フランチャイズ(FC)全売上高の約4割、小売業FC売上高の約6割を占めるコンビニエンスストア(CVS)。3月を中心とする各社の動きを拾いだしてみました。
JFAが発表した最新の統計でも(3月21日発表)、2月の対前年比は、昨年がうるう年で1日多かったことを差し引いて考えれば、堅調な伸びを示していることがわかります。しかしながら、昨今CVSに限らず、あらゆる業界で大きな課題となっている生産年齢人口の減少による人手不足により、今後のCVSの成長も安閑とはしていられません。

続きはコチラ→「コンビニエンスストア(CVS)のここ1か月の動き」

『外食業界における人事労務施策の状況』

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 山岡雄己

外食業界では,人材不足だけでなく,労務管理に関わるコスト増が深刻な問題になってきています。労働基準監督署からは残業の割増賃金の算定について指導され,年金機構からはP/Aの社保加入対象者を指摘され,ダブルパンチでコスト増になっています。この1ヶ月の紙面では,マクドナルドの地域を巻き込んだ採用方法や求人CMの全国放送,ゼンショーHDやCoCo壱番屋のインターバル制導など,労働環境に関する記事が目立ちました。

続きはコチラ→「外食業界における人事労務施策の状況」

『多様化進むサービス業フランチャイズ。チェーン数20年で2.6倍に。しかし。。。』

高木のコラムです。

ここ数年、新たな社会的ニーズの出現やICT技術の発展などにより、多様なサービスが次々と産まれてきており、成長の「伸びしろ」が大きい市場です。(一社)日本フランチャイズチェーン協会が発表している統計データをもとに、2015年度と20年前の1995年度の状況を比較しました。

続きはコチラ→「多様化進むサービス業フランチャイズ。チェーン数20年で2.6倍に。しかし。。。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

これ1冊で多店舗化戦略がわかる!「フランチャイズ本部構築ガイドブック」

単なるアイデアの思いつきではFC展開をしても成功は望めません。直営店での検証が不十分なまま、FC展開をしても結果は同様です。FC展開を成功させるには、押さえなければなりない定石や、クリアしなければならないハードルがあります。

  • FC展開のための要件や手順を順を追って説明
  • FC本部立ち上げ、FC展開する際に必ず解決しておかなければならない課題を体系的に整理
  • 可能な限り図表・チャートを用いたビジュアルな内容

本部を構築して成功したい方、契約トラブルを未然に防ぎたい方、この手引書は絶対必要です。


目次はコチラから

コメントを残す

*