フランチャイズ

日本フランチャイズ研究機構による『最新FCトレンド|2017年5月度』掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
日本フランチャイズ研究機構『最新FCトレンド』

高木が所属する(株)日本フランチャイズ研究機構にて『最新FCトレンド』が掲載されました。

『なぜ教育関連FCが好調を維持できるのか?理由を解き明かす』

(株)日本フランチャイズ研究機構 代表取締役 伊藤恭

2017年4月1日現在の子どもの数(15歳未満人口)は、前年に比べ17万人少ない1571万人で、昭和57年から36年連続の減少となり、過去最低となった。少子化の流れが一向に止まらないのだ。 ではなぜ世界に類を見ないような少子化が進行しているにもかかわらず、子どもを対象とする教育関連フランチャイズが好調を維持できるのであろうか。その理由を解き明かしてみたい。

続きはコチラ→「なぜ教育関連FCが好調を維持できるのか?理由を解き明かす」

『コンビニエンスストア(CVS)の4月の動き』

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 西野公晴

フランチャイズ(FC)全売上高の約4割、小売業FC売上高の約6割を占めるコンビニエンスストア(CVS)。4月を中心とする各社の動きを拾いだしてみました。 JFAが発表した3月の統計では、CVSの対前年同月比の売上は「微増」とのことでした。しかしながら、先月(3月)のトレンドでも見たように、このところに来て、CVS業界には大きなうねりが来ています。

続きはコチラ→「コンビニエンスストア(CVS)の4月の動き」

『外食業界の不易流行』

(株)日本フランチャイズ研究機構 取締役 山岡雄己

5月の外食フランチャイズ関連のトピックスのなかで,筆者が個人的に衝撃を受けたのは,「ピザ・ナポリス」の遠藤商事HD倒産の記事(日経MJ:17/5/1:P15)でした。遠藤商事の直近期の年商は25億円,負債総額は13億円,急激な成長拡大路線が裏目に出て資金繰りがショートしたとのことです。

続きはコチラ→「外食業界の不易流行」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*