代表メッセージ

『成長の種を見つけ・育て・未来へとつなぐ』

「カーネル(Kernel)」に込めた思い

「カーネルコンサルティング」の「カーネル(Keranel)」には、果実の種の中にある【仁(じん)】という意味があり、高木仁の「仁」から由来しています。ビジネスの種を見つけ、その種を育て、大きな幹に育て、さらに新たな種が生まれ、大きな森へと成長していく。そんな企業の成長を実現したいと考え、この名前が生まれました。

核心

また、「カーネル(Keranel)」には、【核心】という意味があります。表に見えている事象だけを捉えて対症療法を取るのではなく、経営課題の核心(本質)を捉え、根本的かつ実行可能な打ち手の立案と実行により、成長戦略の実現を果たしたいと考えています。

中核

コンピューターの世界で「カーネル(Keranel)」といえば、オペレーティングシステムの中核となる部分のことを指しており、コンピューターのリソースを管理し、アプリケーションなどがリソースを使って動作できるようにすることが仕事です。ビジネスの「カーネル」となり、お客様ともに成長戦略を実現していくビジネスパートナーでありたいと考えています。

kernel-cycle

 コンサルティング理念

 ビジネスモデル=儲けのしくみ作りと実践にしつこくこだわる

「ビジネスモデル」という言葉の定義も曖昧な時代から、大手企業の改革のお手伝いをしてきました。ビジネスモデルとは何か?その本質をとらえ、企業の”儲けのしくみ”を作るお手伝いをしています。 フランチャイズという「型」にだけにとらわれて、ビジネスの本質を見失うことなく、徹底的に現場に入り込み、問題を【核心】から捉えます。そして、「まず明日、何から始めるのか?」現実的な実行可能な計画作り、改革の実行支援を行います。

フランチャイズによる成長戦略の実現を全力で支援

フランチャイズビジネスでは、本部はフランチャイズパッケージの提供や事業開発を行ない、加盟者は資金投入と事業運営を行ないます。複数の異なる事業体が、契約に基づき、異なるビジネスモデルを運営し発展していくビジネスなのです。これまで、フランチャイズ本部をはじめ、様々な企業のビジネスモデル改革のお手伝いをしてきました。フランチャイズの本質は守りながらも、時代の流れに合わせて革新的なビジネスを生み出し、世の中にイノベーションを起こす。そんな企業づくりのお手伝いをしたいと考えています。

 専門家との連携によるトータルサポーター

企業経営においては、フランチャイズ展開以外にも様々な課題が発生します。人材や資金の不足、事業譲渡・承継、M&A、海外展開など。企業経営の様々な課題に対応するため、様々な専門家集団と連携を組み、経営に関するトータルサポートを実現していきます。