公的制度

IT導入補助金で加点評価になる「おもてなし規格認証2017(紅)」を取得してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
おもてなし規格認証2017登録手続き
平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業としてIT導入補助金の受付が開始されています。この補助金の申請時の審査項目(加点項目)には「おもてなし規格認証2017」(紅、金、紺、紫認証のいずれか)を取得しているかというものがあります。
今回、縁あってIT導入補助金の解説セミナーを行なうことになりましたので、実際におもてなし規格認証2017を取得してみました。

おもてなし規格認証制度とは

平成28年6月2日に、「戦後最大の名目GDP600兆円」の実現を目指した「日本再興戦略2016」が閣議決定されています。そして、その達成のためには、GDPの7割以上を占めており、今後も規模拡大が見込まれているサービス産業の強化が必要不可欠とされています。
そこで、サービス産業の活性化・生産性の向上を目的とし、形が見えづらいサービスの品質を「見える化」するために「おもてなし規格認証」制度を経済産業省が2016年より開始しました。2017年1月30日には「おもてなし規格認証2017」がスタートされています。
本制度では、サービス品質を「紅」「金」「紺」「紫」の4段階で評価していくことになっています。認証を受けると、「おもてなし規格認証登録証」と「認証マーク」をPDFの電子データとして受け取れ、店舗の入り口や店舗内に掲載したりできるようになります。
以下、公式ホームページより。
おもてなし規格認証の目的について
サービス品質を「見える化」し、サービス事業者の方々の支援を通じて
地域経済の活性化をはかります。
おもてなし規格認証は、サービスを提供するすべての事業者にとって、高品質なサービスの提供・維持・向上を促し、より高い生産性を実現するための、共通化された枠組みです。
「買うこと」、「使うこと」に比べて、サービスは、接客・サービスを実際に受けるまで、その品質がわかりづらい性質のものです。そこで当該規格は、サービス品質の一部を「見える化」することで、下記の実現をはかります。
(1)質の高いサービス提供を行っている事業者の見える化支援
(2)質の高いサービスを提供したいと考える事業者への手引きの提供
(3)消費者の高品質なサービス享受の機会増加

実際に「おもてなし認証規格2017(紅)」を取得してみる

カーネルコンサルティングもコンサルティングというサービスを提供していますから取得は可能なはずです。そこで取得にチャレンジしてみました。
手続方法は公式ホームページに掲載されていますが、実際に、私が取得したときの流れを順番を追って説明したいと思います。
手続きは、次の4ステップで進んでいきます。

STEP1|確認・同意事項への承諾と確約

まずは、公式ホームページのトップ画面にある「登録手続きはこちらから」より登録を進めていきます。

おもてなし規格認証2017登録手続き

「確認・同意事項について」をよく読んだ上で、「上記を承諾する」と「上記を確約する」にチェックをして次へ進みます。
 おもてなし規格認証2017登録手続き

STEP2|メールアドレス登録(仮登録)

メールアドレス登録(仮登録)の画面に進みますので、登録するメールアドレスを入力して確認ボタンを押してください。
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
仮登録完了後、運営事務局より本登録用URLがメールにて届きます。
おもてなし規格認証2017登録手続き

STEP3|本登録

「本登録手続きのご案内」メールに記載されているURLから本登録を行います。
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
基本情報(担当者さま情報・事業所情報)を入力し、「チェックシートへ進む」ボタンを押します。
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
チェックシートの入力では、30項目のうち、「既に実施している取組」を選択し、次へ進みます。
「既に実施している取組」が15項目に満たない場合も大丈夫です。次のページでチェックする「これから実施したいと思う取組」と合わせて15項目以上あれば登録可能となっています。
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
「これから実施したいと思う取組」に該当する項目にチェックをして「確認する」ボタンを押します。
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
確認画面で入力内容を確認して「この内容で送信する」ボタンを押してください。
おもてなし規格認証2017登録手続き

STEP4|登録証・マークのダウンロード

登録が完了すると、運営事務局より「登録証」と「おもてなし規格認証 2017 マーク」の案内メールが届きます。
私が登録したときは、すぐにメールが届きました。
おもてなし規格認証2017登録手続き
 
メールに記載されているURLへアクセスし、それぞれダウンロードしてください。
ここで注意です。
メール本文に記載されていますが、「登録証」と「登録マーク」の発行期間は登録完了時より7日間となっています。期間をすぎると本ページは無効となり、もう一度、仮登録からやり直しになってしまいます。また、ダウンロードした「登録証」と「登録 マーク」を無くしてしまうと、これもまた、やり直しになってしまいます。各ファイルは無くさないよう大切に保管してください。
マーク使用についてのガイドラインは、こちらのページより確認 できます。

IT導入補助金で加点対象

以上のように、おもてなし規格認証2017(紅)の認証を取るのは無料であるうえ手続きもごく簡単です。
最初に説明しましたが、「IT導入補助金」の審査項目になっていますが、(紅)取得できていれば加点になるようです。補助金を利用する予定がある方は、事前におもてなし規格認証の申請を行っておくとよいでしょう。
 

ちなみに下のものが、カーネルコンサルティングで取得した「登録証」と「登録マーク」です。
おもてなし規格認証2017登録証おもてなし規格認証2017マーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*