フランチャイズ展開するための3条件をビジネスモデル・キャンバスから確認します

自社のビジネスを本部としてフランチャイズ展開するためには一定の条件が必要となります。
フランチャイズ特有のビジネスモデルという観点から確認していきたいと思います。

フランチャイズ特有のビジネスモデル

以下に「フランチャイズ版ビジネスモデルキャンバス」を示します。

フランチャイズのビジネスモデル

フランチャイズとは、本部と加盟者が、契約に基づいて異なるビジネスモデルを運営し発展していくビジネスであり、上図のようにビジネスモデルキャンバスを左右につなげたようなモデルとなります。

では、この「フランチャイズ版ビジネスモデルキャンバス」を眺めながら、本部としてフランチャイズ展開するための3条件を確認します。

条件1:自社のビジネスモデルが成功しているか

まずは「フランチャイズ版ビジネスモデルキャンバス」の右側をチェックです。

フランチャイズのビジネスモデル

ここは、現在自社が行っているビジネスであり、フランチャイズ展開した以降は、加盟者が実際に運営するビジネスとなります。
競争力のある商品・サービスを展開しており、十分な収益性を有しているか?という点が重要です。そして、これらの商品・サービスを販売するための成功ノウハウが直営店で実証されている必要があります。
フランチャイズビジネスでは、「3ショップ・2イヤーズルール」というものがあります。フランチャイズ展開をするためには、最低でも3店舗を2年以上運営した経験が必要だというものです。異なる条件(商圏、立地など)の直営店を複数店舗運営していることで、成功するためのノウハウを確立しておく必要があります。
しかし、現在は変化が激しい時代です。準備ばかりに時間をかけていては、ようやく本部が立ち上がるころには市場の状況、顧客の嗜好が変わってしまい、市場での優位性を得られないということも考えられます。そのため、運営経験を1年程度とする考え方もあります。そのための手法として「フランチャイズトライアル契約」という手法もあります。

また、成功ノウハウだけでなく、上手くいかなかった失敗経験を有していると更に良いでしょう。フランチャイズ展開した店舗のすべてが順調にいくわけではありません。そのときにどのようなことを行えばよいか、失敗から復活し成功した経験を有しているとベストです。

条件2:本部としての準備が整っているか

そして「フランチャイズ版ビジネスモデルキャンバス」の左側です。

フランチャイズのビジネスモデル

ここは、フランチャイズ本部としての準備が整っているのかということがポイントになります。
フランチャイズビジネスでは、未経験者でも成功できるようになっていることが必要です。本部からの研修を受講し、フランチャイズマニュアルに従うことで事業運営ができる状態になっていること。そして、本部からの定期的な経営指導により、継続して成果が得られるようになっていることが求められます。
そのためにも、フランチャイズ加盟者のための立地、店舗(内外装)、オペレーションなどの標準化を図り、仕組みを構築(システム化)しておく必要があり、更には、これらをマニュアルとして形にしておく必要があります。研修のカリキュラム、経営指導の手法なども確立しておきます。
また、直営店の実績をもとに,加盟店の初期投資の試算、収支モデルおよび投資回収期間等のシミュレーションを行い,フランチャイズ展開の準備をしていきます。
そして、本部企業に資金力があるかどうか、という点も忘れてはいけないポイントです。実は、フランチャイズ化の準備、展開にはかなりの資金が必要になります。フランチャイズ展開し始めた当初には、赤字を覚悟する必要もあります。本部としてフランチャイズ展開を目指すのであれば、財務の健全性と資金調達力は不可欠です。
本部構築にかかる費用はいくらくらい掛かるのか?以下の無料資料(フランチャイズスタートブック)に掲載しました。気になる方は無料でダウンロードしてください。

条件3:一定規模のあるビジネスか、将来性はどうか

これはフランチャイズビジネスに限ることではありませんが、ビジネスの規模・将来性が十分にあるかどうかは重要なポイントです。

フランチャイズのビジネスモデル

フランチャイズビジネスでは、(うまく展開できれば)多くの加盟者が関わることになります。フランチャイズ展開しようとするビジネスの市場規模が小さすぎたり将来の成長がないようでは、フランチャイズビジネスとして成立しません。
また、条件2で述べたように、フランチャイズ展開を始めたばかりの段階では、フランチャイズの準備・展開のための費用が収入(加盟金、ロイヤルティ)を上回り、赤字となる場合もあります。フランチャイズ本部として十分な利益を得られるようになるのは、加盟者が一定数を超えてからです。そのためにも、一定の規模があり、将来性のあるビジネスである必要があります。
更にもう1点述べるとすれば、法的規制を受ける業種・業態の場合、今後の法改正の動向に十分注意する必要があります。数年前まで急激に店舗数を伸ばしていたデイサービスの今の状況を見れば理解いただけると思います。


フランチャイズ展開の条件には、様々な考え方はありますが、フランチャイズ特有のビジネスモデルという点から3つの切り口で整理してみました。フランチャイズ展開を考えている方には参考にしていただきたいと思います。

この条件に合っていれば、フランチャイズ展開の準備へ進んでいくことになります。

関連記事

  1. フランチャイズ契約の加盟金やロイヤルティ

    フランチャイズ契約のポイント ~加盟金やロイヤルティはいくらに設定し…

  2. フランチャイズ本部の立ち上げ:加盟店募集~フランチャイズ契約~開店まで…

  3. 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の統計データをチェック

  4. フランチャイズ加盟者向け研修

    フランチャイズ加盟者向け研修カリキュラムの作成

  5. フランチャイズとは?フランチャイズビジネスで成功したい方は必読の書籍を…

  6. フランチャイズ加盟募集 成功する加盟者はビジョンに反応?