フランチャイズ本部は小手先では作れない – FC本部構築の手順-

FC本部を構築するには一定条件を満たしていることと、一定の手順を踏む必要があります。
本コラムでは、FC本部を構築する手順について解説したいと思います。

FC展開の条件

まず、FC展開をするためには以下の3条件を満たしている必要があります。

条件1:自社のビジネスモデルが成功しているか
条件2:本部としての準備が整っているか
条件3:一定規模のあるビジネスか、将来性はどうか

FC本部を構築する手順

FC展開の手順としては概ね以下のような流れになります。

もう少し詳細にすると、下記のような準備項目、アウトプットが必要となります。

準備項目概要 アウトプット例
Ⅰ.コンセプト・プロトタイプの設計
事業目的の明確化 FC展開の目的、ドメイン、ターゲットとニーズ コンセプトマップ
収支シミュレーション
事業計画書
環境分析 マーケット、直営店収益性、立地・商圏
業態コンセプトの明確化 キーコンセプト、競争優位性、店舗内外装
マーケティング 品揃え・価格、付帯サービス、宣伝・販促活動
数値シミュレーション 初期投資額、月次P/L、投資回収
事業計画書作成 環境分析、事業計画、シミュレーション
Ⅱ.プロトタイプ店による検証・確立(直営店における検証が十分な場合は不要)
出店 物件探索、候補立地判断、事業計画、体制構築
検証 出店以降、店舗における検証
Ⅲ.フランチャイズパッケージの構築
商標登録
マニュアル類の作成 マニュアル体系の確定、各種マニュアル作成 マニュアル体系表
マニュアル一式
研修プログラムの検討 カリキュラム検討、オープン後研修 研修カリキュラム
SVシステムの検討 指導内容・指導用資料の検討、SV育成計画 指導内容
育成計画
インフラ整備 情報システム、物流システム
Ⅳ.フランチャイズ契約内容の決定
フランチャイズ加盟契約書の作成 FC加盟契約書
法定開示書面の作成 法定開示書面
その他加盟関連書類の作成 加盟申込書等
Ⅴ.加盟店開発マーケティング
加盟案内ツールの開発 加盟案内書、HP、 加盟案内書
開業提案方法の確立 開業提案書、立地・商圏設定 開業提案書
事業説明会の検討 進行・構成の検討、ターゲットの検討 説明会プレゼン資料
開発スケジューリング スケジュール表

FC本部は小手先では作れない

FCビジネスでは、本部はFCパッケージの提供や事業開発を行ない、加盟者は資金投入と事業運営を行ないます。複数の異なる事業体が、契約に基づき、異なるビジネスモデルを運営し発展していくビジネスなのです。

FC本部構築とは、本部のビジネスモデルと加盟者のビジネスモデルを同時に作り上げていくことです。そして、加盟店へ提供するFCパッケージを作り上げていき、これらの内容をFC契約書に落とし込んでいく作業が必要になります。

FC本部の構築プロジェクトは、本部となる企業の理念、ビジョン、店舗コンセプト、ビジネスモデル等に合わせ、個別具体的に進める必要があります。時々、他社のFC契約書やネット上にアップされている契約書の雛形を、ちょっと変えただけで対応している本部が見受けられます。しかし、これまでの内容を理解いただけたけたならば、そのような(小手先で真似をしているだけ、取り繕っている)企業がまともな本部として継続していけるはずがないことは理解いただけると思います。

関連記事

  1. 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の統計データをチェック

  2. フランチャイズ本部のSVは違和感を持て -SVに必要な能力-

  3. 日本フランチャイズ研究機構による『最新FCトレンド|2017年4月度』…

  4. ビジネスモデル・キャンバスから見るフランチャイズ展開するための3条件

  5. ちょっと特殊?フランチャイズのビジネスモデルとは?

  6. 素早く確実にフランチャイズ本部構築をする方法はあるのか?