フランチャイズ

フランチャイズビジネスで成功したい人!必読の書籍を厳選紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フランチャイズの書籍

フランチャイズビジネスで成功したければ、絶対に読んでおきたい必読の書籍は多々あります。フランチャイズ本部の構築支援、加盟者の支援、ビジネスモデルの構築・実行支援などの経験から選んだ必読の書籍を厳選して紹介します。

フランチャイズビジネスの基本をおさえたい

フランチャイズビジネスとは?直営チェーンとの違いは?フランチャイズ契約ってなに?フランチャイズビジネスの基本を知るために必要な書籍を紹介します。
フランチャイズ本部を始めた企業、フランチャイズ加盟をした人でも、意外とフランチャイズビジネスの基本原則を理解していないことがあります。そのために事業が思うように進まなかったり、トラブルが発生したりという状況をよく目にします。
まずは、基本原則をしっかりとおさえておきたいところです。

よくわかる!フランチャイズ入門

日本フランチャイズチェーン協会(編)/同友館/2011年3月
執筆はフランチャイズ研究会にて全面的におこなっています。2005年に発刊した旧版を、2011年に全面リニューアルしたFCビジネスの入門書です。FCビジネスに関わる基本的事項(FCの活用方法、加盟条件、加盟ステップ)に加え、トラブルを未然に防ぐためのQ&A、FC関連情報を収集するための知恵袋、FC専門用語集なども掲載しています。
→目次はコチラを参照してください。

よくわかる!フランチャイズ入門

新版 フランチャイズ・ハンドブック

日本フランチャイズチェーン協会(著,編)/商業界/2012年3月
2003年11月に初版発行した「フランチャイズハンドブック」を、協会40周年記念 の一環として改訂した新版です。これも、FCビジネスに関わるのであれば必要な書籍でしょう。FC本部と加盟者相互の信頼向上に向けたコンプライアンス、関係法令、倫理綱領、自主基準をはじめ事例・判例、海外の倫理綱領・規制、関連用語集が記載されています。読み込むというよりも、手元において辞書的な使い方が中心になるでしょうか。

フランチャイズ(FC)本部を作りたい

直営店のビジネスが上手くいっておりフランチャイズ展開をしたい。
続けて紹介する3冊「フランチャイズ本部構築ガイドブック」「フランチャイズ契約の実務と書式」「フランチャイズマニュアル作成ガイドブック」を熟読し、その通りに実践すれば、わざわざお金を払ってコンサルタントに頼まなくても本部を構築することができるかもしれません。
その他、フランチャイズを拡大していく方法(海外展開、エリアフランチャイズ)、ビジネスモデルの設計方法、その実行方法、他の企業について知りたい方に向けた書籍を紹介します。

 

フランチャイズ本部を構築・展開する>>>

フランチャイズ本部構築ガイドブック

フランチャイズ研究会(著)/同友館/2013年3月
フランチャイズ本部を構築しようと思ったら、これは外せないでしょう。手前味噌になってしまいますが、フランチャイズ本部の構築に関して、ここまで体系的に整理してあり、かつ具体的な書籍を他には知りません(今のところ)。まずは、ざっと目を通して構築の全体像を把握したところで、自社の構築状況に合わせて必要なところを参考にしていくと良いと思います。
→目次はコチラを参照してください。

フランチャイズ本部構築ガイドブック

フランチャイズ契約の実務と書式

神田 孝(著)/三協法規出版/2011年2月 ※現在、Amazonでは中古品としての取り扱いのみとなっています
本書籍は、フランチャイズ研究会の特別会員にもなっている神田孝弁護士によるものです。FC加盟~契約締結・継続~契約終了のプロセス、FC契約書の作り方、FC関連法、紛争解決手段、判例などに加えてQ&Aや書式・資料も充実しており、現場の実務に使えるものです。
FCビジネスは契約ビジネスです。FC本部と加盟者は異なる事業体であり、FC契約に基づいた継続的関係の中で共同で事業をおこなっていきます。 当然に、FC契約書は重要なものとなりますが、ホームページなどで見つけた契約書の雛形を参考に手直ししただけのFC契約書を使っているケースをよく見かけます。FC契約書を作る場合には、FCのビジネスモデルが設計されていることが絶対条件になりますが、このプロセスを端折ってしまっているのです。本部を構築したい方は、この点をしっかりと理解しておいていただきたいと思います。

フランチャイズマニュアル作成ガイドブック

フランチャイズ研究会(著)/同友館/2016年3月
FCビジネスにおけるマニュアルとは、提供する商品やサービスの品質を一定のレベルに保つためのものであると同時に、FC本部の「商品」を象徴するものです。しかし、そのマニュアルを作成するためのノウハウについて体系的に整理されているものはありませんでした。そこでフランチャイズ研究会では、2年に渡りFCマニュアルの作成方法について研究を行いノウハウを体系化しました。実際のマニュアルサンプルも掲載し、FCビジネスにおけるマニュアルの重要性、作成手順、具体的な記述方法、作成後の管理・活用方法について解説しています。
→目次はコチラを参照してください。

フランチャイズマニュアル作成ガイドブック

FCチェーンの海外展開ハンドブック

フランチャイズ研究会(著)/フランチャイズ研究会/2014年3月
最近ではFCチェーンによる海外展開の話題をよく耳にします。実際、海外企業とのFC契約に向けてFCマニュアルをすぐに準備したいということで、ご依頼を受けたケースも複数あります。しかし、進出するという話題がある一方で、撤退するということもよく聞きます。海外展開で成功することは容易ではなく、念入りな計画としっかりとした準備が必要です。本書では、実際に海外展開をして成功しているFCチェーンへのヒアリング調査を通じて、海外展開の実態や留意点などを明らかにしています。

FCチェーンの海外展開ハンドブック

エリア・フランチャイズ制度に関する調査報告書

フランチャイズ研究会(著)/フランチャイズ研究会/2011年3月
エリア・フランチャイズ制度という言葉は聞いたことがあるでしょうか?これは、FC本部が展開スピードを高めるなどの理由から、特定の地域(エリア)で開発力を有する(と見込まれる)有力企業に対して、本部の機能を付与し、そのエリア内で加盟店開発(加盟者の募集)や加盟店支援などを代行させる制度のことです。
エリア・フランチャイズ制度については、その実態が全くと言ってよいほど明らかにされていませんでした。本書は、その名の通り「調査報告書」となっていて、残念ながらエリア・フランチャイズ制度の導入方法についての手順や留意点、契約内容などを体系的にまとめたものではありません。しかし、エリアフランチャイザーへ対して実際にアンケートを実施するなど、その実態が少し明らかになったという点からも非常に意義がある書籍です。

エリア・フランチャイズ制度に関する調査報告書

 

ビジネスモデルを作り上げる>>>

ビジネスモデルジェネレーション

アレックス・オスターワルダー(著),イヴ・ピニュール(著),小山 龍介(翻訳)/翔泳社/2012年2月
これまでのコラム↓に、何度も登場している(これからも何度も登場すると思います)「ビジネスモデルキャンバス」は、本書の中に登場します。
ちょっと特殊?フランチャイズのビジネスモデルとは?
ビジネスモデルを設計するときに必須のツール「ビジネスモデルキャンバス」
ビジネスモデルキャンバスの右側=「収益」を書く
ビジネスモデルキャンバスの左側=「コスト」を書く
本書は2012年に日本語訳の販売が開始されました。その前から、ビジネスモデルやビジネスプロセスの設計・改革に携わっていましたが、この本を見つけた時、思わず「これだ!」と言ったことを覚えています。
ただ、A4横長の装丁であったり、フォントも色々なものが使われていたり、黒の背景に白文字だったりと、デザイン的にぱっと見は良いのですが、正直言って読みづらいのが難点です。中身としても説明不足な部分があったりはしますが、こういうものは、自分でいかに消化して自身のものにしていくかというところでしょう。ビジネスモデルの分析・設計・改革を行う人にとっては必須の書籍です。

異業種に学ぶビジネスモデル

山田英夫(著)/日本経済新聞出版社 /2014年11月
ある業界だけに属していると、近視眼的になり、新たな目、他者の目を持つことが難しくなります。ビジネスの現場においては複数の眼を持つことの重要性が挙げられますが、そう簡単にはいきません。
本書は、ゼロからビジネスモデルを設計するのではなく、その名の通り「異業種」から学ぼう・移植しようというものです。異業種から移植して成功した事例、異業種のビジネスモデルを見る視点、事例を抽象化し異業種へ移植する方法のヒントも示されています。文庫本サイズで扱いやすく、よくバックに忍ばせておいて、ビジネスモデルを考えるときのヒントに使っています。

 

ビジネスを実行する>>>

リーン・スタートアップ

エリック・リース(著),伊藤穣一(MITメディアラボ所長)(解説),井口耕二(翻訳)/日経BP社/2012年11月
リーンスタートアップという言葉は有名だと思います。ビジネスモデルジェネレーションが上陸した時と、ほぼ同じタイミングで日本に来ているのですが、実はその時すぐには手に取りませんでした。”これはベンチャー企業”のものという印象が強く、当時、大企業の改革をお手伝いしていたこともあり、実際に読むことになるのは、ずっと後のことでした(いつだったかは忘れました)。
しかし、時代は変わりました。企業の規模に関係なくビジネスモデルの変革スピードは、どんどん上がっています。本書に登場する「構築‐計測‐学習」というフィードバックループを通して、顧客も製品・サービスも生みだし育てるという考え方は、まさしく今の日本に必要であり、それはFCビジネスにおいても同じことだと思っています。

Running Lean -実践リーンスタートアップ –

アッシュ・マウリャ(著),渡辺千賀(解説),エリック・リース(編集),角征典(翻訳)/オライリージャパン/2012年12月
一言で言えば、前述した「リーンスタートアップ」の実践ガイドブックといったところでしょうか。「リーンスタートアップ」は400ページ以上にもおよびますし「読んだけど、いざ実践となるとどうすれ良いのか分からない」という状況になりがちです。本書には、「リーンキャンバス」という「ビジネスモデル・キャンバス」に手を加えたものが登場します。リーンキャンバスを作成するところからスタートし、これを軸に実践的な手順が説明されていきます。
注意すべき点は「リーンスタートアップ」で使われていた用語については、本書では解説がされていないことです。400ページは大変かもしれませんが、まずは「リーンスタートアップ」を読んでから本書を進めることをオススメします。

 

他の企業を参考にする>>>

フランチャイズ・イノベーション

フランチャイズ研究会(著)/フランチャイズ研究会/2016年3月
日本におけるFCの歴史は、1963年7月のダスキン「愛の店」、同年10月の不二家洋菓子店から始まったとされています。それ以来、FC業界は大きく発展してきました。新しい市場を切り拓いたチェーン、日本の商習慣や生活習慣を変えたチェーンなど、FCビジネスは社会に大きなイノベーションを起こしてきました。
本書では、日本を変えた代表的なフランチャイズチェーン6社を取り上げ、フランチャイズの特徴を明らかにしています。また、どういう時期にFC展開が進み、どういう時期に直営化が進むのか、成長過程のなかでFCビジネスを考察しています。個人的には「フランチャイズ・イノベーション」という名前が、ちょっと硬すぎるのではないかと思いますが、内容は非常に役に立つ物となっています。

フランチャイズ・イノベーション

セブン-イレブン終わりなき革新

田中陽(著)/日本経済新聞出版社/2012年7月
今日のセブン-イレブンは、日本を代表するグローバル企業にまで発展しています。コンビニエンスストアのビジネスモデルは、通常のフランチャイズのビジネスモデルとは異なっており、その契約内容も少し特殊といえます。しかし、フランチャイズビジネスに関わろうとするとき、セブン-イレブンから学ぶべきことは多いと思います。
本書は流通記者による書き下ろしで、創業時のエピソード、FCの指導現場、セブン銀行の独自戦略、PB商品開発の最前線、ATMの進化や省エネ事情など、その裏側が書かれています。読み進めていくと、セブン-イレブンの側に立って書かれているように感じさせられ、もう少し中立的な立場での意見も求めたい気持ちにもさせられますが、その分を割り引いても、参考になる情報源だと思います。ただ、出版されてから、やや時間が経過していますので、その点は注意が必要です。

ダントツ経営

坂根正弘(著)/日本経済新聞出版社/2011年4月
建機メーカーであるコマツの相談役(元社長)の著書です。フランチャイズビジネスではありませんが参考になります。文字が大きく、文章もやわらくて読みやすいので、一気に読めると思います。
坂根氏が社長に就任してからは、経営改革を断行し一気にV字回復をさせています。新興国におけるビジネスモデルを転換することに成功し、その後、先進国においても成功をしており、いわゆる「リバース・イノベーション」を成功させています。
新たに『ダントツの強みを磨け ―私の履歴書』が出ています。これには最近のスマートコンストラクションのことも書かれていますので、合わせて読まれることをオススメします。

フランチャイズに加盟したい

独立を目指していてフランチャイズ加盟も検討している個人。新しい事業への展開方法としてフランチャイズ加盟を検討している法人。フランチャイズ加盟を考えている人にとって参考になる書籍を紹介します。
フランチャイズビジネスは独特のビジネスモデルになっており、加盟に際しては、フランチャイズビジネスに対する正しい理解は必須となります。また、なぜフランチャイズ加盟なのか?(独自に事業をやらないのか?)しっかりと自問自答することも必要です。

よくわかる!フランチャイズ入門(再掲)

再掲です。副題が「フランチャイズチェーン加盟を考えている人の必読書!」となっている通り、基本的にはFC加盟を考えている人に向けた書籍となっています。FC加盟による独立を検討している個人、FC加盟による新規事業の展開を検討している法人、どちらの方にも役立つ内容になっています。

よくわかる!フランチャイズ入門

フランチャイズ加盟ワークブック

フランチャイズ研究会(著)/フランチャイズ研究会/2015年3月
本書は、「学ぶ」ことに半分、そしてもう半分は「行動する」ことに主眼が置かれています。見開きひとつが、説明とワークブックで構成されており、まず説明のパートを読んだ後に、ワークブックのパートに様々なことを書き込むことができる形式になっています。自分の思いや、自分で調べたことも、このワークブックに実際に書き込んでいくと、新たな気付きなども得られます。さらに、後から読み返すことで、その時の迷いや悩みを解決する糸口を見つけることもできるかもしれません。

フランチャイズ加盟ワークブック

成功する!低額投資フランチャイズ

フランチャイズ研究会(著)/フランチャイズ研究会/2014年3月
ここ数年の傾向として初期投資額1,000万円以下で開業が可能なFCが増加し主流となってきています。特に個人の場合、準備できる資金には限界もあり、また、失敗したときの実損はできる限り小さくしたいと考えるのは当然のことです。
本書では、本部・加盟者計28社に直接ヒアリングを行い実態を調査し、低額投資FCに加盟して成功するための10か条をまとめています。FC加盟を検討している方だけではく、FC本部企業にとっても参考になる内容となっています。

成功する!低額投資フランチャイズ

フランチャイズビジネスでのトラブルをなんとかしたい

何度も繰り返して言いますが、FC本部と加盟者はFC契約に基づいて協力しあい事業の成功を目指します。しかし、実際には、両者の間でのトラブル・係争は後を立ちません。そんなトラブル・係争を予め回避するため、あるいはトラブルが起きてしまった時にどうすべきか?そのヒントを探すための書籍を紹介します。

改訂 新FCトラブル回避ガイドブック

フランチャイズ研究会(著)/フランチャイズ研究会/2016年3月

本書は、「誰も教えてくれないFC本部のトラブル回避マニュアル」と副題をつけ、本部と加盟店間でトラブルが多発する場面を想定し、本部担当者は「何をしなければならないか」、「何をしたらいけないか」をQ&A方式でまとめています。内容については、フランチャイズを専門分野とする弁護士が監修しています。初版は2010年に出されましたが、2016年3月に改訂し、合同労組問題、加盟店会の組合結成など今日的テーマを追加しています。

新FCトラブル回避ガイドブック

よくわかる!フランチャイズ入門(再掲)

また再掲です。「第5章 トラブルを未然に防ぎ成功に導くフランチャイズ加盟Q&A│P153~」が参考になります。全部で49のQ&Aにまとめてあります。

よくわかる!フランチャイズ入門

フランチャイズ契約の実務と書式(再掲)

再掲です。「第4章 契約当事者間での個別紛争の解決│P341~」が参考になります。

 


最後におまけ

以上、フランチャイズビジネスに関わる人にとって参考となる書籍を厳選して紹介しました。もちろん本を読むだけでは商売はうまくいきません。しかし、学ぶべきことは沢山あります。
星野リゾートの星野佳路氏は、

「課題に直面するたびに、私は教科書を探し、読み、解決する方法を考えてきた。それは今も変わらない」
(「星野リゾートの教科書」より)

と言っています。
ということで、最後におまけの紹介を↓ ↓ ↓ ↓ ↓

星野リゾートの教科書

中沢康彦(著)/日経BP社/2010年4月
本書は、星野氏が経営上の参考にした30冊と、これらの本から学んだ理論の実践事例を紹介しています。本書の発行は2010年とやや時間が経過していますが、星野氏は最近のインタビューでも『経営は「経営の教科書」どおりに徹底的に実践するといい』 という発言をされており、今でも、その姿勢に変わりないものと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*