フランチャイズとは何か?ちょっと特殊なフランチャイズのビジネスモデルとは?

フランチャイズとは

『フランチャイズ』とは何でしょうか?
フランチャイズとは?と問われて、答えることはできますか?
フランチャイズ本部を目指す、あるいは、すでに本部になっているのであれば、最低限、これには答えられないといけません。
フランチャイズと一言で言っても様々なタイプがありますが、まずは、3つのポイントをおさえておきましょう。

フランチャイズの定義

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会では次のように定義しています。

フランチャイズとは、事業者(フランチャイザー)が他の事業者(フランチャイジー)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう。

長い一文で、ちょっとわかりづらいですね。

フランチャイズのポイントは3つ

フランチャイズビジネスのポイントは、次の3つになります。

  1. 本部と加盟者は各々独立した事業体であり契約に基づいて”共同事業”を行なうもの
  2. 本部から加盟者にフランチャイズパッケージが提供される
  3. フランチャイズパッケージの見返りとして、加盟者は本部に一定の対価を支払う

本部と加盟者は法律的にも財務的にも、それぞれが独立した事業体であり、FC契約によって結ばれたビジネスパートナーの関係です。
お互いの協力の元で「共同事業」を行なうものであって、同一経営体の元で「共同経営」を行うものではありません。当然ながら、経営の結果(成功/失敗)は、それぞれの責任になります。
本部から加盟者に対してはフランチャイズパッケージが提供されます。フランチャイズパッケージとは、「商標の継続的使用の許可」「経営ノウハウの提供」「継続的な経営・運営指導」などが含まれます。これらのものが、一連のビジネス展開に必要なものとして、包括的かつ体系的に、標準化されたパッケージとして提供されるものです。
そして、加盟者はこのパッケージの見返りとして、本部に対価を支払うことになります。対価とは、「加盟金」「ロイヤルティ」などです。また、必要な事業資金を自ら投入することになります。

フランチャイズかどうかは実体で判断される

社会構造や政治・経済、市場環境の変化に伴い、昨今では、様々なタイプのビジネスが展開されています。例えば、

  • 商材や商売のやり方は揃えるが、店舗名や商標は統一しない
  • 看板は統一するが経営のやり方には自由度がある
  • 加盟金を徴収し店舗オープン支援まで行うが、その後の指導はない(ロイヤルティなし)

などがあります。 また、「フランチャイズ」という名称を使わずにチェーン展開をしている例などもあります。
しかし、商標の使用や経営に対する指示・指導、それに対する対価の受領などについて、一定の要件を満たす場合、フランチャイズと同様の法的制約を受けることケースがありますので注意が必要です。

そして、フランチャイズビジネスは、これまで長年に渡って進化し続け、その市場規模も成長を続けています。なぜ、そのようなことが可能だったのか?
それは、ちょっと特異な形をしたフランチャイズ独特のビジネスモデルに秘密があります。

ビジネスモデルとは?

ビジネスモデルとは何か? 一言でいえば「儲けのしくみ」のことです。

  • 誰に(顧客ターゲット)
  • 何を(顧客価値)
  • どのようにして提供するか(開発・生産・販売・物流システム)

この一連の流れで儲けを作るしくみのことをビジネスモデルと呼びます。

ビジネスモデルキャンバス

ビジネスモデルを表現する重要なツールとして『ビジネスモデルキャンバス』というものがあります。
これは、『ビジネスモデルジェネレーション』という書籍に登場します。この書籍は世界22カ国で翻訳され、すでに200万部を突破するなど、ビジネス書としては空前のベスセラーとして大きな注目を集めています。
ビジネスモデルキャンバスでは、ビジネスモデルの特徴を表現するため、その全体像を9つのブロックに分けて記述していきます。キャンバス全体を見渡すと、各ブロックが相互に関係し合いビジネスが成り立っていることがわかります。一番下にある「コスト構造」と「収益の流れ」はビジネスの土台となるものです。キャンバスの右半分は、顧客が求めるニーズに合致する顧客価値を、顧客との関係を構築・維持しながら届けることで収益が入ってくることを表しています。左半分は、リソースや主要活動、パートナーとの連携などによってコストが発生する様子が表されます。

BMC

http://www.businessmodelgeneration.com

【顧客セグメント】企業が関わる・関わろうとする顧客は誰か?どのセグメントか?
【価値提案】特定の顧客セグメントに向けて、価値を生み出す製品・サービスは何か?
【チャネル】顧客セグメントと、どのようにコミュニケーションし価値を届けるのか?
【顧客との関係】特定の顧客セグメントに対して、どのような種類の関係を結ぶのか?
【収益の流れ】顧客セグメントから生み出す現金は、どのように流れるのか?
【リソース】顧客価値を提供するために必要な資産は何か?
【主要活動】顧客価値を提供するために必ず行わなければならない重要な活動は何か?
【パートナー】主要活動を行うため・足りないリソースを補うための主要なパートナーは誰か?
【コスト構造】主要活動を行うため・リソースを維持するために発生するコストは何か?

フランチャイズのビジネスモデルはちょっと特殊?

では、フランチャイズをビジネスモデルという観点から見るとどうなるでしょうか?

前述したとおり、フランチャイズビジネスでは、本部と加盟者は法律的にも財務的にも、それぞれが独立した事業体であり、フランチャイズ契約によって結ばれたビジネスパートナーの関係となります。
本部から加盟者に対してはフランチャイズパッケージが提供されます。フランチャイズパッケージとは、「商標の継続的使用の許可」「経営ノウハウの提供」「継続的な経営・運営指導」などが含まれ、一連のビジネス展開に必要なものとして、包括的かつ体系的に、標準化されたパッケージとして提供されます。
そして、加盟者はこのパッケージの見返りとして、本部に対価を支払います。対価とは、「加盟金」「ロイヤルティ」などであり、同時に必要な事業資金を自ら投入することになります。
フランチャイズとは、本部と加盟者が、契約に基づいて異なるビジネスモデルを運営し発展していくビジネスであり、下図のようにビジネスモデルキャンバスを左右につなげたようなモデルとなります。この特異な形が、フランチャイズビジネスの特徴であり、急速に発展するための秘密がここにあるのです。

関連記事

  1. フランチャイズ展開するための3条件をビジネスモデル・キャンバスから確認…

  2. SVを育成しないままの店舗展開は危険 -フランチャイズ本部のSVに必要…

  3. フランチャイズ本部は小手先では作れない – FC本部構築の…

  4. フランチャイズ加盟募集 成功する加盟者はビジョンに反応?

  5. フランチャイズとは?フランチャイズビジネスで成功したい方は必読の書籍を…

  6. フランチャイズ契約でも重要!本部は“絶対”に商標登録をしましょう