フランチャイズとは何か?基本は知っておきたい3ポイント

フランチャイズとは何ですか?一言で答えられますか?

そもそも、『フランチャイズ』とは何でしょうか?
フランチャイズとは?と問われて、答えることはできますか?
フランチャイズ本部を目指す、あるいは、すでに本部になっているのであれば、最低限、これには答えられないといけません。
フランチャイズと一言で言っても様々なタイプがありますが、まずは、3つのポイントをおさえておきましょう。

フランチャイズの定義

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会では次のように定義しています。

フランチャイズとは、事業者(フランチャイザー)が他の事業者(フランチャイジー)との間に契約を結び、自己の商標、サービスマーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう。

長い一文で、ちょっとわかりづらいですね。

フランチャイズのポイントは3つ

フランチャイズビジネスのポイントは、次の3つになります。

  1. 本部と加盟者は各々独立した事業体であり契約に基づいて”共同事業”を行なうもの
  2. 本部から加盟者にフランチャイズパッケージが提供される
  3. フランチャイズパッケージの見返りとして、加盟者は本部に一定の対価を支払う

本部と加盟者は法律的にも財務的にも、それぞれが独立した事業体であり、FC契約によって結ばれたビジネスパートナーの関係です。
お互いの協力の元で「共同事業」を行なうものであって、同一経営体の元で「共同経営」を行うものではありません。当然ながら、経営の結果(成功/失敗)は、それぞれの責任になります。
本部から加盟者に対してはフランチャイズパッケージが提供されます。フランチャイズパッケージとは、「商標の継続的使用の許可」「経営ノウハウの提供」「継続的な経営・運営指導」などが含まれます。これらのものが、一連のビジネス展開に必要なものとして、包括的かつ体系的に、標準化されたパッケージとして提供されるものです。
そして、加盟者はこのパッケージの見返りとして、本部に対価を支払うことになります。対価とは、「加盟金」「ロイヤルティ」などです。また、必要な事業資金を自ら投入することになります。

フランチャイズかどうかは実体で判断される

社会構造や政治・経済、市場環境の変化に伴い、昨今では、様々なタイプのビジネスが展開されています。例えば、

  • 商材や商売のやり方は揃えるが、店舗名や商標は統一しない
  • 看板は統一するが経営のやり方には自由度がある
  • 加盟金を徴収し店舗オープン支援まで行うが、その後の指導はない(ロイヤルティなし)

などがあります。 また、「フランチャイズ」という名称を使わずにチェーン展開をしている例などもあります。
しかし、商標の使用や経営に対する指示・指導、それに対する対価の受領などについて、一定の要件を満たす場合、フランチャイズと同様の法的制約を受けることケースがありますので注意が必要です。

関連記事

  1. フランチャイズビジネスで成功したい人!必読の書籍を厳選紹介します

  2. フランチャイズ本部構築

    フランチャイズ本部はどうやって構築するのか?その手順を解説

  3. 日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の統計データをチェック

  4. 日本フランチャイズ研究機構による『最新FCトレンド|2017年5月度』…

  5. SVの能力

    フランチャイズ本部のSVは違和感を持て -SVに必要な能力-

  6. ちょっと特殊?フランチャイズのビジネスモデルとは?